イタリア個人旅行のしかた

1.旅行の日程を決める。

 ガイドブック、インターネット等を調べる。

 有給休暇の根回し、パスポートの有効期限等(パスポートが無い場合は申請から)

 事前に準備しておかないといけないことありますので、

 先ずはここからスタートです。

 

2.航空券を予約する。

 インターネット経由、旅行代理店の店舗でも良いので航空券を押さえます。

 航空券が無いと、イタリアに行けませんから。

 

3.宿を予約する。

 インターネット経由で予約してもいいですし、現地に着いてから行き当たりで

 探しても構いません。

 が、私はどちらもやってますが、事前に予約しておいた方が現地での

 時間のロスが少ないため、事前予約がお勧めです。

 

4.旅行保険の選択をする。

 クレジットカードで旅行を申し込まれる方も多いですから、

 使われているカード会社に保障の内容や範囲を確認して、

 入るか入らないか検討して下さい。

 高価なものを持って行かないのであれば、私は特別に入る必要はないと思います。

 危険といわれる地域を避ければ、別段恐れるほどの事はありません。

 

5.荷物を詰める。

 個人で行くなら、機内持ち込み可能なスーツケースかバックパックに

 荷物は積め込んでしまう。

 (大きさと重さは利用される航空会社のHPで確認して下さい。)

 ロストバッゲージのリスクを避ける為と、手荷物が出てくるのを待つ

 時間のロスを無くす為です。

 また、重いスーツケースを引っ張っての移動は結構疲れます。

 帰国時にお土産物で荷物が増えたら、現地の露天20ユーロも出せば安い

 バッグやスーツケースは手に入ります。

 極力身軽に行きましょう。

 

6.両替

 日本の都市銀行が空港内の銀行で少額(1万円~5万円)だけ両替します。

 テレビなどで見ているレートに銀行の手数料が上乗せされるので、

 両替はあまりお勧めではありません。

 スーパーの買い物でも、電車の切符でも大概クレジットカードが使えますし、

 為替レートも両替するより良くなっています。

 極力クレジットカードを使い、現金はどうしても現金でないといけない場合のみ

 に限定すれば、大して現金は必要ないものです。

 大量の現金を持ち歩くよりも数枚のクレジットカードと少額の現金の方が

 お勧めです。

 ただ、イタリアで両替してみたいというのであれば、日本と違い

 両替商(CHANGEの看板)が街中に多数有りますので、少額でお試し下さい。

 あまり良いレートにはならないですが。

 

7.楽しむ

 イタリアに来たら、楽しみましょう。

 ワインが好きならワインを

 料理が好きなら料理を

 オペラ、絵画、彫刻、景色、そしてショッピング

 私達の欲求を満たしてくれものをイタリアは持っています。

 旅行に来るまでの準備は、全て楽しむためににしてきたこと。

 心ゆくまでイタリアを楽しみましょう♪